小規模分散型 太陽光発電所

これまでの発電量

各発電所の発電量をご覧いただけます。

会津電力グループ 第一期~第三期太陽光発電所地図

会津電力グループ 第一期~第三期太陽光発電所地図
第一期~第三期 発電所地図 テキスト版

発電所名・地点一覧

会津電力の事業の特徴・小規模分散型

 会津電力の太陽光発電事業の大きな特徴は「小規模分散型」であること。大規模な発電所にしなかったことには理由があります。

 ◇災害リスクの低減
 弊社の発電所は非常用コンセントを備えており、災害などの緊急時には地元の皆様へ電気を供給できるようにするなど身近な発電所として地域に貢献したいと考えています。

 ◇地域の方々に自然エネルギーへの関心を持って頂く
 3.11まで、日本の大多数の人がエネルギーに対し無関心でした。原発事故が起き、今、大人である私たちは、未来の子供たちが安心して使える持続可能なエネルギーへの転換を迫られています。そのために一人でも多くの方にエネルギーについて考えて頂きたい、そのきっかけを作りたいと考えております。

 その想いで50kWクラスの小規模発電所を会津地域多数カ所に設置いたしました。

会津ソーラー市民ファンド2014

市民ファンド 出資者の記名

 2014年、弊社の子会社「アイパワーアセット株式会社」が行う地域密着の分散型発電事業に対し、株式会社自然エネルギー市民ファンドが募集した「会津ソーラー市民ファンド2014」を通じて、全国から9,980万円のご出資をいただきました。
 雄国大學内にはご出資いただいた方のお名前を記銘した記念プレートが飾られております。

地域連携

 各自治体様所管の遊休地及び施設屋根の有効活用を目指し、弊社は発電設備の設置を目的とした賃貸借を推進しております。各自治体様には多大なるご協力を頂きました上で、災害インフラの整備・地域経済活動への貢献を自然エネルギーの普及・促進を通じて取り組んでおります。

太陽光発電所設置にご協力頂いております自治体・法人及び公共組合等(2016年4月現在)
 会津若松市/喜多方市/会津坂下町/会津美里町/三島町/西会津町/南会津町/北塩原村/会津中央土地改良区(順不同・敬称略)

第一期事業

 第一期事業では1MWの「雄国発電所」を含め、24カ所の発電所を建設いたしました。

第二期事業

 第二期事業では24カ所の発電所設置と、第一期事業の発電所2カ所の増設を行い、会津電力グループの発電所は48カ所となりました。

第三期事業

 第三期では1カ所の高圧発電所(喜多方市高郷、350kW)と、低圧2カ所の建設を行い、会津電力グループの発電所は51カ所となりました。

*2017.2.21更新