「会津ソーラー市民ファンド2014」出資者の集いを開催

Image

12月6日(土)「会津ソーラー市民ファンド2014」出資者の集いを開催しました。

2~3日前からの降雪により、見学コースの変更なども心配しましたが、当日は降雪あり、晴れ間ありの、絶好のコンディションとなりました。

関東方面、仙台方面、県内より、16名の出資者のご参加をいただきまして、バスに乗り込み、見学ツアーがスタート。

ご出資いただいた資金により建設された50kw容量の長井山田発電所、そして、標高500mの雄国山麓に建設した1MW容量の雄国発電所を見学しました。

夏、完成間近の長井山田発電所

夏、完成間近の長井山田発電所

 

12月2日時点 雄国発電所の雪景色

12月2日時点 雄国発電所の雪景色

 

雄国大學内

雄国大學内

 

夜は大和川酒造の新酒、三たての新そば(挽きたて、打ちたて、茹でたて)をご堪能いただきながらの懇親会となりました。

328-web

体験学習施設を併設する雄国発電所では、ご出資いただいた皆様のお名前を記銘した葉っぱ形のリーフを地元彫刻家・若杉儀子先生が描かれた樹木に貼り付けていただきました。

woodpanel1

 

woodpanel2

この樹木のように、たくさんの方々にご協力をいただき、会津電力、アイパワーアセットの事業は立ち上がりました。この樹木は未来への希望を育む樹です。私達はこの樹木を大切に育ててまいります。

雪の中ご参加下さった出資者の皆様、本当にありがとうございました!

ライター・高橋真樹さんによる記事→第46回:会津電力(2)− 雪国でもできる太陽光発電!