「喜多方 酒蔵オペラコンサート」5月26日開催 *チケット発売中

Image

喜多方 酒蔵オペラコンサート ―さわかみオペラ芸術振興財団からはじまる、最高の音楽の旅へ Vol.2―

 5月26日(土)、喜多方大和川酒造店にて「喜多方 酒蔵オペラコンサート」が開催されます。是非お気軽にお楽しみ下さい。

さわかみオペラ芸術振興財団とは

 「日本にオペラ文化を広め、多くの人々に心の贅沢を味わっていただき、それが人生の豊かさにつながっていく」という理念の下、活動を行っている公益財団法人です。
 2015年に日伊共同制作の野外オペラ公演を開催し、2016年よりイタリアの歌劇場と共に日本各地の文化財を借景に、「Japan Opera Festival」の総称で公演を開催しています。
 公演活動の他に、若き芸術家への活動支援や教育活動も積極的に行っています。

開催概要

公演名喜多方 酒蔵オペラコンサート
―さわかみオペラ芸術振興財団からはじまる、最高の音楽の旅へ Vol.2―
日時2018年5月26日(土)

[コンサート]
開場:16時30分  開演:17時00分

[懇親会]
19時00分より開始
会場大和川酒蔵北方風土館 昭和蔵
出演者黒田 詩織(ソプラノ)/後田 翔平(テノール)/斉木健詞(バス)
/青木 優果(コントラバス)伊坪 淑子(ピアノ)
賛助出演:唐橋 郁(ソプラノ)

詳しくはこちら
チケット【発売日】2018年3月1日(木) 13:00~

[コンサート]全席自由
前売券:3,000円/当日券:3,500円
学生券:1,000円(当日会場のみ販売)
[懇親会]
参加費:2,000円
チケット取扱さわかみWEBサービス(スマートフォン・パソコン)
24時間受付可能 / 購入には、無料会員登録が必要です。
クレジット/銀行振込/コンビニ決済対応

●さわかみオペラ芸術振興財団(電話)
TEL 03-6380-9862[10時~17時|土日祝休]
銀行振込/コンビニ決済対応

※チケット代金とは別途、各種手数料が発生いたします。

[福島県内:取り扱い]※店舗窓口のみの販売となります。
大和川酒造店
喜多方プラザ文化センター
開催主催 公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団
共催 大和川酒造店/会津電力
後援 喜多方市教育委員会/喜多方シティエフエム/
    福島民報社/福島民友新聞/福島中央テレビ
協賛 コミュニファイ
備考※未就学児の入場は不可。
※公演情報は変更となる場合がございますのでご了承ください。

詳しくはさわかみオペラ芸術振興財団webサイトへ。

【お問合せ】公益財団法人 さわかみオペラ芸術振興財団
Tel: 03-6380-9862 Fax: 03-6380-9863
担当:添田 様

河北新報120年フォーラム「東北の道しるべin福島」*終了しました

Image

180209_michishirube-fukushima-1

 当イベントは終了しました。ご参加下さいました皆様、誠にありがとうございます。
 河北新報オンラインニュース

 創刊120年を迎えた河北新報社は17日、東日本大震災の痛手から立ち上がり、新たな時代を切り開く決意を込めて「東北の道しるべ」を発表し、戦後日本に価値観の転換を迫った大震災を踏まえ、次世代に引き継ぎたい東北像を提案しました。
 この「東北の道しるべ」について意見を交わす3回目のフォーラム「東北の道しるべin福島」が3月3日、喜多方市の大和川酒造店「昭和蔵」で開催されます。
 ドキュメンタリー映画「おだやかな革命」の上映も行います。お気軽にご参加下さい。

開催概要

日時

2018年3月3日(土) 13:30~17:00(13:00開場)

会場

大和川酒蔵北方風土館 昭和蔵
喜多方市字寺町4761

【プログラム】

【上映会】ドキュメンタリー映画「おだやかな革命」:渡辺智史 監督

 *弊社も作品内で取り上げていただいております。

【パネル討論】テーマ:「『エネルギー自治』を確立しよう」

〈パネリスト〉
 佐藤彌右衛門(会津電力株式会社 代表)
 目黒忠七(ひっぽ電力株式会社 代表)
 渡辺智史(ドキュメンタリー映画監督)
〈コーディネーター〉
 鈴木素雄(河北新報社常務取締役・編集担当)

パネリストプロフィール掲載 チラシはこちら

参加費

入場無料
事前申込制となっております。メールか電話で河北新報社に申込をお願いします。
(席がある場合は当日受付も可能です。お問合せ下さい)

交流会のご案内

フォーラム終了後、同会場にてパネリストの皆様を交えた交流会を開催します。
フォーラムへのお申込みの際、交流会参加の有無もお知らせ下さい。
交流会 会費:3,000円

参加お申込み・お問合せ

河北新報社
電話:022-211-1481(平日10時~17時)
メール:michishirube■po.kahoku.co.jp  ■を@に変えてください。
お名前・職業・住所・電話番号・交流会参加の有無を明記の上お申込み下さい。

◯主催:河北新報社
 東北の道しるべ 特集記事一覧

チラシはこちら

上映会&座談会&オペラ&新酒…「大望年会」へご参加下さい

Image

171219_daibounenkai_03_02

 来る12月28日、弊社主催「大望年会」を開催いたします。

 日本は未来へ何をどのように渡していけるのか。著名な論客をお迎えし、日本の失われゆく心根と風景を復活し、次世代へ渡すべき私たちの価値を探り、お金とコモンズ、お金の価値とは、そして新しく生まれる価値、日本の豊かさと私達の価値を語ります。
 「さわかみオペラ芸術振興一般財団法人」の提供によるオペラ歌手の歌声と共に新酒をお楽しみください。

 どなたでもご参加いただけます。お気軽にご連絡下さい。

開催概要

日時

2017年12月28日(木) 13:00~(12:00開場)

会場

大和川酒蔵北方風土館 昭和蔵
喜多方市字寺町4761

【プログラム】

13:10〜14:50 【上映会】ドキュメンタリー映画「おだやかな革命」:渡辺智史 監督
 ~これからの時代の「豊かさ」を巡る物語~ 解説:飯田哲也氏(環境エネルギー政策研究所長)
15:00〜17:00【座談会】三名の講師による講話「次世代へ渡す美しい日本」
17:30〜【大宴会】「新酒を楽しみ寒月に吠える・喜多方の夜は更けゆく」
 *オペラ歌手2名の競演をお楽しみ頂けます

【講師陣】

澤上 篤人(投資家、文化人)
 日本の長期投資家。1999年、日本初の独立系投資信託会社 さわかみ投信株式会社を設立。「さわかみファンド」1本のみの運用で、純資産は3,000億円、顧客数は12万人を超え、日本における長期運用のパイオニアとして熱い支持を集めている。
「公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団」を設立する。

伊藤 宏一(千葉商科大学人間社会学部教授)
 千葉商科大学人間社会学部教授. 専攻はパーソナルファイナンス、ソーシャルファイナンス、
日本金融史。 立山アルプス小水力発電事業など再エネ事業を行う市民電力会社への市民出資・ファイナンススキームのサポート、「ISEPエネルギーアカデミー」(環境エネルギー研究所主催・千葉商科大学人間社会学部協催)講義・運営に携わる。
一般社団法人全国ご当地エネルギー協会監事。

山田 純(弊社代表取締役 副社長)
 1956年、福島市生まれ。東京大学工学部卒業後、松下通信工業に入社。
1998年にクアルコムジャパンの設立にあたり入社、代表取締役社長、代表取締役会長、特別顧問を務める。
会津電力の設立に参画し、代表取締役副社長となる。

参加費

上映会・座談会は無料です。
懇親会:5,000円

◇参加お申込み・お問合せ
会津電力 小林
電話:0242-36-7719
FAX:0242-36-7718

チラシ件お申込用紙はこちら

講演会「再生可能エネルギーで地域興し」 *終了しました

Image

再生可能エネルギーで地域興し

*当イベントは終了いたしました。ご参加頂きました皆様、ありがとうございます。

 来る12月2日、東京都町田市の「町田市福島県人一心の会」様主催により講演会が開催されます。
 近郊にお住まいの福島県出身の方はもとより、「エネルギーの自給自足」「地域の自立」「脱原発」等にご関心がおありの方、どうぞお越しくださいませ。

雪の雄国発電所と会津電力代表・佐藤彌右衛門

雪の雄国発電所と会津電力代表・佐藤彌右衛門

開催概要

日時

2017年12月2日(土) 14:00~16:00(13:30開場)

会場

町田市文化交流センター 5階 けやき(大会議室)
町田市原町田4丁目1番14号  電話:042-710-6611

講演

佐藤 彌右衛門 (会津電力株式会社代表)

参加費:500円(資料代+支援金)

◇チケットお申込み・お問合せ
 前売りチケット 500円
 電話:090-7277-5157(ご担当:鈴木様)
 電話受付は10月1日より

◇お申込み・お問合せ
 町田市福島県人一心の会
 電話:090-2436-2357(ご担当:堀家様)

チラシはこちら

地域を活性化させる地元主体の小水力発電*終了しました

Image

5-19講演会

2017年5月23日追記
*当イベントは終了いたしました。当日は45名の方にご参加を頂きました。公演後の質疑応答でも多くの質問を頂き、内容が深まったと思います。ありがとうございました。
 ご興味をお持ち頂けましたら、是非こちらの本もお手にとってみてください。
 ◇竹村公太郎先生の著書『水力発電が日本を救う』
 ◇全国小水力利用推進協議会 編纂『小水力発電事例集2016』

 5月19日(金)、会津若松市にてシンポジウムが開催されます。
  過疎化に苦しむ地方を救う手段として、「電力の固定価格買取制度」を利用した小水力発電に取り組む自治体が増えています。しかし、実現には様々な課題もあります。
 会津に豊富にある「水」「川」を最大限に生かし、利益はすべて地域の財源とする、そんな小水力発電モデルとはどんなものか? どうすれば地域主体の小水力発電は成功するのか?
 一貫してダム建設、水資源問題、環境問題に取り組み、元国土交通省河川局長であり、大川ダムの建設にも携わった竹村公太郎氏と、全国小水力利用推進協議会の松尾寿裕氏が、豊富な実例をもとに講演します。持続可能な地域活性化の実現に向け、是非この機会にご参加ください。

 *当お知らせが表示されない状態になっており、結果的に告知が遅くなり申し訳ありません。
 開催は明日に迫っておりますが、当日会場でのお申込みでもご参加頂けます。どうぞお越しくださいませ。

開催概要

日時

2017年5月19日(金) 14:00~16:40(13:30開場)*終了しました

会場

生涯学習総合センター會津稽古堂(会津若松市栄町3番50号)

講演

 竹村公太郎氏(日本水フォーラム代表理事及び事務局長)

最新事例報告:
 松尾寿裕氏(全国小水力利用推進協議会)

参加費:無料

事前のお申し込みをお願いします。*当日会場でのお申込みも可能です

懇親会を開催します

講演会終了後、17時より懇親会を開催します。どうぞご参加下さい。
 会場:割烹 田季野
 会費:4,000円(講演会受付時にお支払い下さい)

お申込み・お問合せはこちらまで
 会津電力株式会社  担当:小林
 TEL 0242-36-7719
 ・FAX 0242-36-7718
 ・メール aipower*aipower.co.jp *を@に変更ください

チラシ/申込用紙はこちら