AI運行バス 実証実験が行われました

Gallery

 お伝えしておりましたJTB・会津電力・NTTドコモの3社による 「AI運行バス」の実証実験が3月19日~25日の期間、会津若松市街地にて実施されました。
 東山温泉の旅館にご宿泊のお客様等にモニターとしてご参加頂き、多くの方に「AI運行バス」をご体感いただけました。

 会津電力社員が乗車した際の様子をご紹介します。

配車アプリで希望の乗降地点を選び、車を予約。

配車アプリで希望の乗降地点を選び、車を予約。

駅前の乗降ポイントから乗車しました。

駅前の乗降ポイントから乗車しました。

近くを走っていたAI運行バスがすぐに到着。

近くを走っていたAI運行バスがすぐに到着。

移動中も現在位置をリアルタイムでマップ上に表示

移動中も現在位置をリアルタイムでマップ上に表示

降車地点はとらぞう様にしました。

降車地点はとらぞう様にしました。

予約したバスを待っている間はこのような画面です。到着予定時間、現在地が表示されます。

予約したバスを待っている間はこのような画面です。到着予定時刻、現在地が表示されます。

弊社スタッフ所感
 ・配車予約の操作は簡単。設定さえしておけば高齢の方でも基本的な予約操作は可能だと感じる。
 ・車を待っている間も地図上で車の位置を確認できるのが便利。風が強く肌寒い日だったが、バスの現在位置がわかるおかげで屋外で長く待たずに済んだ。

 実証実験へご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

各社報道

福島民友 みんゆうNet
福島民報
NHK 福島 NEWS WEB
 ニュース映像もご覧いただけます

会津若松発、JTB・会津電力・NTTドコモの3社による 「AI運行バス」の実証実験を開始

Image

プレスリリース

「AI運行バス」実証実験_報道発表資料

 本件に関するお問い合わせ先
 会津電力株式会社 発電事業部(齊藤)
 TEL:0242-36-7719

雄国太陽光発電所の電気をお届けします

Image

scenergy-oguni_03

 電力小売事業が自由化された2016年4月以降、「会津電力から電気を買いたい」というお問い合わせを県内はもとより首都圏からも多数頂いて参りました。弊社の取り組みへ共感を寄せて頂き誠にありがとうございます。
 この度、弊社の「雄国太陽光発電所」で発電した電気を「再生可能エネルギー電気特定卸供給」という形で、㈱生活クラブエナジー様を通じ生活クラブ生協の組合員の方へご提供できる運びとなりました。

scenergy-flow2_03

開始時期

 雄国太陽光発電所が生活クラブの自然エネルギー発電所に加わるのは 2017年9月1日からです。

電気のご購入方法

 「生活クラブ生協」の組合員の方に向けて供給します。現在組合員でない方は新規ご加入が必要になります。
【対象エリア】北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、関西電力の供給エリアの方
 ※一部の県を除く

詳しくは㈱生活クラブエナジー様へお問い合わせください。
 ▶㈱生活クラブエナジー

生活クラブ生協の組合員でない方はこちら
 ▶生活クラブ生協

㈱生活クラブエナジー様の特徴

◯電源構成と比率を公開
 ㈱生活クラブエナジー様が供給した電気の電源構成比率を毎月公開しています。「今月の電源構成比率」のページでご確認頂けます。

◯自然エネルギーを広げる「生活クラブ自然エネルギー基金」に任意でご参加頂けます。

詳しくは㈱生活クラブエナジー様へお問い合わせください。
 ▶㈱生活クラブエナジー

生活クラブ生協の組合員でない方はこちら
 ▶生活クラブ生協

教育向け動画「再生可能エネルギー」ができました

Video

 会津電力は再生可能エネルギーの普及・啓発活動を行っています。この度、大人の方だけでなく、子ども達にも再生可能エネルギーに親しんでもらいたいと思い、アニメを制作しました。
 再生可能エネルギーって何だろう? 約12分のアニメで主人公の男の子「おぐに君」と一緒に楽しく学べます。
 このアニメの台本、原画は会津電力に共感する地元のイラストレーターがかって出てくれました。声の出演・制作は県内で声優を目指して学んでいる学生さんや、県内企業に依頼して作りあげた手作りアニメです。くすっと笑える場面もありますので、どうぞご期待ください。

 このアニメ、他体験機材を使用しての雄国太陽光発電所での再エネ教室の他、学校さん、公民館さんへ出張しての再エネ教室も行なっております。お気軽にお問い合わせください。

 大好きなゲームでいつものように遊んでいたおぐにくん。停電でゲームが出来なくなった­ことをきっかけに、自分が使う電気がどうやって出来ているのか興味を持ちはじめます。
しかし、コカちゃんにいろんな発電方法を教えてもらうにつれてだんだんと気分が暗くな­っていくおぐにくん。枯渇燃料、地球温暖化、災害、事故。
自分が使っている電気を作っている発電方法には、すぐには解決できない問題がたくさん­あることを知ってしまったのです。

そんな中、おじいちゃんがふともらした「再生可能エネルギー」という聞きなれない言葉­。
再生可能エネルギーってなんだろう?未来のエネルギーって?
みんなも一緒におぐにくんと考えてみよう!

再生可能エネルギー体験学習教室

Image

 2016年2月9日(火)
 会津若松市立一箕小学校にて再生可能エネルギー体験学習教室を行いました。

2015-2-9再生可能エネルギー体験学習教室

 今回は4年生の皆さんと再生可能エネルギーについての学習とペットボトルエコライトの制作を行いました。
 これまで、児童の皆さんは総合学習の中で、いろいろな発電方法について学習を進めてこられたそうです。とても興味をもって、学習に取り組んでいただきました。
 「ペットボトルエコライト」は日中、太陽光で発電した電気を充電し、暗くなると光るライトです。再生可能エネルギーが身近にあることを感じてもらえたかなと思います。
 一箕小学校の皆さん、先生方、ありがとうございました。

再生可能エネルギー体験学習教室2