河北新報120年フォーラム「東北の道しるべin福島」開催

Image

180209_michishirube-fukushima-1

 創刊120年を迎えた河北新報社は17日、東日本大震災の痛手から立ち上がり、新たな時代を切り開く決意を込めて「東北の道しるべ」を発表し、戦後日本に価値観の転換を迫った大震災を踏まえ、次世代に引き継ぎたい東北像を提案しました。
 この「東北の道しるべ」について意見を交わす3回目のフォーラム「東北の道しるべin福島」が3月3日、喜多方市の大和川酒造店「昭和蔵」で開催されます。
 ドキュメンタリー映画「おだやかな革命」の上映も行います。お気軽にご参加下さい。

開催概要

日時

2018年3月3日(土) 13:30~17:00(13:00開場)

会場

大和川酒蔵北方風土館 昭和蔵
喜多方市字寺町4761

【プログラム】

【上映会】ドキュメンタリー映画「おだやかな革命」:渡辺智史 監督

 *弊社も作品内で取り上げていただいております。

【パネル討論】テーマ:「『エネルギー自治』を確立しよう」

〈パネリスト〉
 佐藤彌右衛門(会津電力株式会社 代表)
 目黒忠七(ひっぽ電力株式会社 代表)
 渡辺智史(ドキュメンタリー映画監督)
〈コーディネーター〉
 鈴木素雄(河北新報社常務取締役・編集担当)

パネリストプロフィール掲載 チラシはこちら

参加費

入場無料
事前申込制となっております。メールか電話で河北新報社に申込をお願いします。
(席がある場合は当日受付も可能です。お問合せ下さい)

交流会のご案内

フォーラム終了後、同会場にてパネリストの皆様を交えた交流会を開催します。
フォーラムへのお申込みの際、交流会参加の有無もお知らせ下さい。
交流会 会費:3,000円

参加お申込み・お問合せ

河北新報社
電話:022-211-1481(平日10時~17時)
メール:michishirube■po.kahoku.co.jp  ■を@に変えてください。
お名前・職業・住所・電話番号・交流会参加の有無を明記の上お申込み下さい。

◯主催:河北新報社
 東北の道しるべ 特集記事一覧

チラシはこちら