雄国発電所ご見学ー2018年4月

Image

4月1日(日)
 「かながわ元気エネルギー」の皆さんが、福島市内の小・中学・高校生16名の皆さんと一緒にご見学に訪れてくださいました。「かながわ元気エネルギー」さんは、震災以降、被災地支援の取組を続けていらっしゃいます。
 今回は、前日にエネルギーについてのワークショップを行い、午後雄国を訪れてくださいました。

 残雪の残る雄国に子ども達の元気な声が響き、平成30年度がスタートしました。
 皆さん、今年度もよろしくお願いいたします。


AI運行バス 実証実験が行われました

Gallery

 お伝えしておりましたJTB・会津電力・NTTドコモの3社による 「AI運行バス」の実証実験が3月19日~25日の期間、会津若松市街地にて実施されました。
 東山温泉の旅館にご宿泊のお客様等にモニターとしてご参加頂き、多くの方に「AI運行バス」をご体感いただけました。

 会津電力社員が乗車した際の様子をご紹介します。

配車アプリで希望の乗降地点を選び、車を予約。

配車アプリで希望の乗降地点を選び、車を予約。

駅前の乗降ポイントから乗車しました。

駅前の乗降ポイントから乗車しました。

近くを走っていたAI運行バスがすぐに到着。

近くを走っていたAI運行バスがすぐに到着。

移動中も現在位置をリアルタイムでマップ上に表示

移動中も現在位置をリアルタイムでマップ上に表示

降車地点はとらぞう様にしました。

降車地点はとらぞう様にしました。

予約したバスを待っている間はこのような画面です。到着予定時間、現在地が表示されます。

予約したバスを待っている間はこのような画面です。到着予定時刻、現在地が表示されます。

弊社スタッフ所感
 ・配車予約の操作は簡単。設定さえしておけば高齢の方でも基本的な予約操作は可能だと感じる。
 ・車を待っている間も地図上で車の位置を確認できるのが便利。風が強く肌寒い日だったが、バスの現在位置がわかるおかげで屋外で長く待たずに済んだ。

 実証実験へご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

各社報道

福島民友 みんゆうNet
福島民報
NHK 福島 NEWS WEB
 ニュース映像もご覧いただけます


「自然エネルギー大賞」銀賞を受賞いたしました

Video

 「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」が新設した「自然エネルギー大賞」において、会津電力株式会社が銀賞を受賞いたしました。
 「自然エネルギー大賞」は自然エネルギーの創出、普及に努める団体を表彰する賞です。

 2018年3月7日、城南信用金庫本店にて開催された授賞式では、弊社監査役の遠藤由美子が受賞スピーチを行いました。

◆原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟


会津若松発、JTB・会津電力・NTTドコモの3社による 「AI運行バス」の実証実験を開始

Image

プレスリリース

「AI運行バス」実証実験_報道発表資料

 本件に関するお問い合わせ先
 会津電力株式会社 発電事業部(齊藤)
 TEL:0242-36-7719


河北新報120年フォーラム「東北の道しるべin福島」*終了しました

Image

180209_michishirube-fukushima-1

 当イベントは終了しました。ご参加下さいました皆様、誠にありがとうございます。
 河北新報オンラインニュース

 創刊120年を迎えた河北新報社は17日、東日本大震災の痛手から立ち上がり、新たな時代を切り開く決意を込めて「東北の道しるべ」を発表し、戦後日本に価値観の転換を迫った大震災を踏まえ、次世代に引き継ぎたい東北像を提案しました。
 この「東北の道しるべ」について意見を交わす3回目のフォーラム「東北の道しるべin福島」が3月3日、喜多方市の大和川酒造店「昭和蔵」で開催されます。
 ドキュメンタリー映画「おだやかな革命」の上映も行います。お気軽にご参加下さい。

開催概要

日時

2018年3月3日(土) 13:30~17:00(13:00開場)

会場

大和川酒蔵北方風土館 昭和蔵
喜多方市字寺町4761

【プログラム】

【上映会】ドキュメンタリー映画「おだやかな革命」:渡辺智史 監督

 *弊社も作品内で取り上げていただいております。

【パネル討論】テーマ:「『エネルギー自治』を確立しよう」

〈パネリスト〉
 佐藤彌右衛門(会津電力株式会社 代表)
 目黒忠七(ひっぽ電力株式会社 代表)
 渡辺智史(ドキュメンタリー映画監督)
〈コーディネーター〉
 鈴木素雄(河北新報社常務取締役・編集担当)

パネリストプロフィール掲載 チラシはこちら

参加費

入場無料
事前申込制となっております。メールか電話で河北新報社に申込をお願いします。
(席がある場合は当日受付も可能です。お問合せ下さい)

交流会のご案内

フォーラム終了後、同会場にてパネリストの皆様を交えた交流会を開催します。
フォーラムへのお申込みの際、交流会参加の有無もお知らせ下さい。
交流会 会費:3,000円

参加お申込み・お問合せ

河北新報社
電話:022-211-1481(平日10時~17時)
メール:michishirube■po.kahoku.co.jp  ■を@に変えてください。
お名前・職業・住所・電話番号・交流会参加の有無を明記の上お申込み下さい。

◯主催:河北新報社
 東北の道しるべ 特集記事一覧

チラシはこちら